« 堂島川沿いにて | Main | 岡村靖幸ナイト レポート »

高尾山登山の巻

2003年12月29日

やっと今日の話に追いつきました。

遅く起きた今日は特に予定は無かった。そういえば先輩からスキーの誘いがあったような気がするが行かないことにした。でもせっかくの休日。株式市場は開いているが最近は興味ない。おでかけをしよう。そういえば西原理恵子の「できるかなV3」でぬるい登山の企画があったなぁ。やってみるか。高尾山は大学生の時一度登ったきりだ。

思いついたのが寝起きの 13:00。 13:30には食パン一枚くわえて愛車で発進することができた。ここ鶴見から高尾山口へはずーっと下道で調布ICまでいってそこから高速にのって八王子ICでおりる。

高尾山口駐車場に到着したのは15:20くらい。

今日の目標は日没までに高尾山頂についてフジヤマを拝むことだ。冬の日没は早い。急がねば、僕は友達セリヌンティウスを助けるために日没まで走りぬくメロスになるのだ。

入り口でルートを考える。(またもや行き当たりばったり企画なのだ)
IMG_0352.JPG
15:25撮影

このマップの一番上にうっすらと書いているのがフジヤマだ。今回はかなり時間がないので次のコースにした。
往路
 ・ケーブルカーで1号路をショートカット
 ・4号路で山を楽しみつつ登山
 ・高尾山頂上

復路
 あとは野となれ、なんとやら

さぁケーブルカーにのるぞ!!
あぁぁ丁度15:30の便がいってしまいました。次は15:45発だ。しょぼん。
IMG_0353.JPG

このケーブルカーは約30度の勾配をのぼる日本一チャレンジャーなケーブルカーだと運ちゃんが教えてくれました。たしかに線路の先は天に続いてるかのようです。

カメラを水平にして撮った写真
IMG_0358.JPG

トンネル通過の動画

ケーブルカー降りてすぐのたこ杉
IMG_0361.JPG

ケーブルカーをおりて3分ほどで4号路の分岐になる、ちょっと暗い道だがれっつごーだ。4号路は山の北側なので夕日はまったく見えない。日没までに到着するよう早足で進んだ。

4号路を登り終え、高尾山頂上は道の向こうに!、はたして日没に間にあうのか!?
IMG_0368.JPG

ぎりぎりアウト!でした。
IMG_0369.JPG

正確にいうとミカンの皮程度は太陽をみることができましたが写真に納めることはできませんでした。というか高尾山でのこの時期の日没は富士山の右肩に落ちるようです。あちゃー。高尾山とはいえ山頂だから日没は少し余裕あるかとおもっていたのですが富士山にはかないませんでした。マッケンローのような醜い抗議はしません。負けです。許してくれセリヌンティウス。

日没後の富士山です。ヅラかぶってます。
IMG_0373.JPG

帰りは一号路をセリヌンティウスを助けられなくて悔し泣きしながら全歩きです。「メロスって何語でございますの?」というデビ婦人の名セリフを思い出し笑いしながら降りました。

ああ真っ暗
IMG_0380.JPG

駐車場に戻ったのは17:30 たった2時間しか歩いてませんでした。
そういや食パン一枚で高尾山登った僕って凄くない?

20:00には買い物をして自宅に到着。寝坊した割にはそこそこ楽しい一日でした。

-以上-

|

« 堂島川沿いにて | Main | 岡村靖幸ナイト レポート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7531/59297

Listed below are links to weblogs that reference 高尾山登山の巻:

« 堂島川沿いにて | Main | 岡村靖幸ナイト レポート »